技術力強化支援研修のご案内

技術力強化支援研修

 技術力強化支援研修には以下の2種類研修があります。

 

  • 高度技術活用研修
     企業において、技術力強化、高付加価値化を指導できる技術リーダーの育成を目的とし、講義と実習を通して技術の基礎から応用までを系統的に幅広く習得するための研修です。研修期間は機械技術科、電子技術科は10ヵ月間にわたり、機械技術科は約240時間の講義と70時間程度の実習、電子技術科は約240時間の講義と40時間程度の実習を行います。化学技術科は2コースあり、8ヵ月間にわたり、約120時間の講義(共通)と各コース40時間程度の実習を行います。 
     募集するのは 
        ◇機械技術科
        ◇電子技術科
        ◇化学技術科(化学分析コース、材料評価コース)
     の3学科です。 

  平成29年度 受講生募集案内

  • 新技術活用研修
     新事業、製品開発で必要となる技術力強化の支援を目的とし、講義と実習を通して技術の基礎から応用、さらには最新の現状と体系的に学ぶための研修です。研修日数は、8日です。ただいま募集中です。下記リンクからPDFをダウンロードし、お申し込みください。
プラスチック射出成形技術科 プラスチック材料、射出成形技術、シミュレーション、金型などについて学ぶと共に、神奈川県プラスチック工業会の設備を使用した成形の実習を行います。これにより、プラスチック成形品の高付加価値化を目指す射出成形技術者としての素養を習得することができます。

 

 

お問合せ

人材育成部 教育研修課
TEL : 046-236-1500 FAX : 046-236-1527
住 所: 〒243-0435  海老名市下今泉705-1

 

Topへ