微小部X線応力測定装置

この装置について


- クリックで拡大します -
セラミックスや金属などの結晶性材料の残留応力を非破壊的に測定することができる装置です。

用途・特徴について

歯車やボルトなど部品形状および測定の目的に合わせて,残留応力の測定範囲をφ0.15mm,φ0.3mm,φ0.5mm,φ1.0mm,φ2.0mm,φ4.0mmから選択できます。また,自動XYZ軸ステージを搭載しており,部品および溶接部の残留応力分布を収録することができます。さらに熱処理した炭素鋼の残留オーステナイト量を測定することができます。

X線回折を利用した金属(結晶性)材料などの残留応力測定

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

メーカー

株式会社リガク

型番

AutoMateⅡ

仕様

微小部X線応力測定装置:(株)リガク:AutoMATE Ⅱ
X線管球:Cr(40kV,1.6kW),Cu(40kV,1.6kW),Co(40kV,1.44kW)
オプション:自動XYZステージ(走査範囲:X軸±50mm,Y軸±50mm,Z軸35mm)

導入年度

2016

 

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:機械・材料技術部 材料評価グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •