顕微レーザーラマン分光測定装置

この装置について


- クリックで拡大します -

用途・特徴について

ラマンスペクトルによる有機・無機分析、微小部の異物分析、赤外分光(FTIR)では難しい炭素系物質の異分析などを行う装置。マッピング測定には対応しておりません。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料(円)
E2091顕微レーザーラマン分光分析(簡単なもの)1試料1ヶ所につき19,470

メーカー

レニショー株式会社

型番

System2000

仕様

ラマンシフト 200~4000cm-1/分解能 1 cm-1/励起レーザー Ne-Ne 及び Ar

導入年度

2026

 

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:機械・材料技術部 ナノ材料グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •