原子吸光分光光度計

用途・特徴について

金属元素分析

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料(円)
E1831原子吸光分析法による定量分析(A)(容易なもの)1試料,1成分につき(容易なもの)7,920
E1832原子吸光分析法による定量分析(B)(複雑なもの)1試料,1成分につき(複雑なもの)11,770

メーカー

バリアンジャパン株式会社

型番

SpectrAA-220

仕様

フレーム型 及び ファーネス型AASです。
別途、AAnalyst800(パーキンエルマージャパン株式会社)も所有しており、水銀等の有害元素分析も対応可能です。

導入年度

1997

 

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:化学技術部 化学評価グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •