蛍光X線分析装置(エネルギー分散方式)

この装置について


- クリックで拡大します -
金属・セラミック・その他材料の元素定性分析装置です。スポット(点)測定及び面分析が可能です。異物の分析や、RoHS対応のスクリーニングに利用できます。

用途・特徴について

定性分析(RoHS対応可)、マッピング分析

ご利用方法

試験計測(依頼試験) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料(円)
E1841蛍光X線法による微小部定性分析1試料,1カ所につき8,690
E1842蛍光X線法による微小部定性分析 1条件増1条件増すごとに3,190

メーカー

株式会社堀場製作所

型番

XGT−5000WR

仕様

エネルギー分散型X線分析顕微鏡 測定元素Na~U スポット測定範囲100μmφ、1.2mmφ 面分析測定範囲 100mm×100mm最大試料サイズ 350(W)×400(D)×40(H)mm透過像測定可X線管球(Rh50W)

導入年度

2005

 

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:化学技術部 化学評価グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •