ガスクロマトグラフ質量分析計

用途・特徴について

有機化合物の定性分析(マススペクトルによる未知成分の推定)/有機化合物の微量分析/固体,液体試料からのアウトガス分析/水中の揮発性成分の分析/有機塩素系化合物の微量分析

ご利用方法

試験計測(依頼試験) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料(円)
E2310ガスクロマトグラフ質量分析(GCMS)1試料1成分につき39,380
E2311ガスクロマトグラフ質量分析(GCMS) 定性分析 1成分増1成分増すごとに5,060
E2312ガスクロマトグラフ質量分析(GCMS) 定量分析 1成分増1成分増すごとに5,940
E2320パージアンドトラップGCMS分析1試料1成分につき53,240
E2321パージアンドトラップGCMS分析 定性分析 1成分増1成分増すごとに5,060
E2322パージアンドトラップGCMS分析 定量分析 1成分増1成分増すごとに5,940
E2330ヘッドスペースGCMS分析1試料1成分につき50,820
E2331ヘッドスペースGCMS分析 定性分析 1成分増1成分増すごとに 5,060
E2332ヘッドスペースGCMS分析 定量分析 1成分増1成分増すごとに5,940
E2340サーマルデソープションGCMS分析 1試料1成分につき54,670
E2341サーマルデソープションGCMS分析 定性分析 1成分増1成分増すごとに5,060
E2342サーマルデソープションGCMS分析 定量分析 1成分増1成分増すごとに5,940
E2350化学イオン化(CI)法によるGCMS分析1試料につき (E2310,E2320,E2330,E2340に適用)11,440

メーカー

株式会社島津製作所

型番

GCMS-QP2010Plus/PerkinElmerHS40/AQUA PT5000J PLUS/TD-20

仕様

オートサンプラー/パージ&トラップ濃縮装置/ヘッドスペースサンプラ(設定温度(40~180℃))/サーマルデソープションシステム/カラムオーブン最高使用温度350℃/検出器:質量分析計(MS)(四重極) 電子捕獲型検出器(ECD)

導入年度

2007

 

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:化学技術部 環境安全グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •