EMI 測定システム

この装置について


- クリックで拡大します -
電子機器や車載機器から発生する不要な電磁ノイズを測定するシステムです。

用途・特徴について

国際規格CISPR14、22、25、国内自主規制のVCCI 規格および電気用品安全法に適合した測定が可能で、新しく規制が始まった1GHz を超える妨害波の電界強度測定と通信ポートの伝導妨害波測定に対応しています。 さらに、アンテナ指向性測定・利得測定・電界分布測定、26.5GHz までの無線機器の電波測定にも対応したシステムです。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料(円)
E1410放射妨害波測定 2時間まで37,400
E1420放射妨害波測定 1時間増 1時間増すごとに14,410
E1425車載機器の放射・伝導妨害波測定2時間まで37,400
E1426車載機器の放射・伝導妨害波測定 1時間増1時間増すごとに14,410
E1430電源・通信ポート伝導妨害波測定1時間まで22,990
E1440電源・通信ポート伝導妨害波測定 1時間増1時間増すごとに14,410
E1450雑音電力測定1時間まで23,100
E1460雑音電力測定 1時間増1時間増すごとに14,410
E1581電磁波シールド効果測定 (100kHz~1GHz、 KEC法)1試料1測定(電界または磁界)につき5,940
E1630アンテナ指向性測定2時間まで39,160
E1640アンテナ指向性測定 1時間増1時間増すごとに15,400
E1650三次元アンテナ指向性測定2時間まで44,110
E1660三次元アンテナ指向性測定 1時間増1時間増すごとに20,460

メーカー

株式会社テクノサイエンスジャパン

規格

特注品

導入年度

2011

 

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:電子技術部 電磁環境グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •