恒温恒湿槽(大、150℃対応)

この装置について


- クリックで拡大します -
試験品を過酷な環境下(低温、高温、高温高湿等)にさらしたり、連続的な温湿度変化を与えることにより、貯蔵、運搬、動作に支障がないかを調べたり、製品寿命の検証等に利用される装置です。

用途・特徴について

温湿度環境試験
温度制御範囲:-70℃~150℃、湿度制御範囲:20~98%Rhに対応しています。また、低温時における長時間の湿度制御を可能とするフロストフリーにも対応しました。さらに、低風速での試験が必要とされる場合、風速可変(0.5m/s~1.7m/s間の4段階)機能により対応可能です。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料(円)
E1370恒温恒湿槽(大、150℃対応) 24時間まで29,260
E1375恒温恒湿槽(大、150℃対応) 24時間増24時間増すごとに16,060

メーカー

エスペック株式会社

型番

PSL-4J

仕様

温度範囲-70~+150℃/湿度範囲20~98%R.H./内容量800リットル(W100×D80×H100cm)、内扉に操作孔あり

導入年度

2013

 

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:電子技術部 電子システムグループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •