動的粘弾性測定装置レオメーター

この装置について


- クリックで拡大します -

プラスチック、ゴム、接着剤等、金属よりも柔らかい物質のレオロジー、熱、機械的な諸特性を知ることができます。微小変形の線形領域のみならず、大変形の非線形領域(LAOS)も測定することができます。

用途・特徴について

プラスチック、ゴム等高分子材料の熱的特性、レオロジー特性を測定します。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料(円)
E2750動的粘弾性測定レオメーター(40℃以上かつ1走査1時間未満)1走査(温度変化または振動数変化)につき18,040
E2760動的粘弾性測定レオメーター(-50℃以上または1走査1時間超)1走査(温度変化または振動数変化)につき29,040
E2770動的粘弾性測定レオメーター(液体窒素使用)1走査(温度変化または振動数変化)につき41,140
E2771ペルチェシステム使用(10~150℃)E2750, E2751,E2760,E2761,E2770に適用6,490
E2772試料調整(取り付け困難なもの)1試料につき1時間毎(E2750,E2751, E2760,E2761, E2770に適用)2,750
E2773測定前温度調整1試料につき1時間毎 (E2750,E2760,E2770に適用)3,190

メーカー

TAインスツルメントジャパン株式会社

型番

ARES-G2レオメーター

仕様

ねじり型加振法、周波数範囲 10-3~100 Hz/測定温度範囲-100(液体窒素),-50(冷凍機)~400℃/トルク範囲0.05μNm~200 mNm/歪範囲 1 μrad~

導入年度

平成25年度
  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:化学技術部 材料化学グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •