金属ナノペースト接合装置

この装置について


- クリックで拡大します -
銀ナノ粒子など金属ナノ粒子の低温焼結性を利用して加圧・加熱条件下で接合を行う装置です。半導体デバイスを実装基板に接合するために使用します。さらに付加機能として高温雰囲気中における接合材料の強度試験を行うこともできます。

用途・特徴について

様々な金属ナノ粒子ペーストの接合条件に対応するために、コンピューター制御によりサンプル温度と加圧条件を連動させて制御することが可能です。加熱温度は最大500℃まで、加圧力は最大10kNまで設定可能で、サンプルサイズは直径100mmまで、厚さは60mmまで接合可能です。
新たな接合材料や接合工法の開発、および金属ナノ粒子ペーストを用いた実装モジュールの開発において、接合条件の検討や少量サンプルの試作などにご利用いただけます。

金属ナノ粒子ペーストによる接合試験

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

メーカー

株式会社島津製作所

型番

AG-10kNXplus

仕様

加熱温度最大500℃/加圧力最大10kN/サンプル最大直径100mm/サンプル最大厚さ60mm

導入年度

2013

 

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:電子技術部 電子デバイスグループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •