高速熱分解炉

用途・特徴について

高速熱分解炉は、目的温度まで最大180℃/minの高速昇温することにより、有機物の熱分解が行えます。熱分解残さの分析や熱分解時生成ガスの分析などに利用可能です。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

メーカー

真空理工株式会社

型番

SSA-410

仕様

昇温速度1~180℃/min/冷却速度1~30℃/min/試料室内径10mm、長さ80mm

導入年度

1991

 

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:化学技術部 新エネルギーグループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •