定エネルギー分光器

用途・特徴について

受光素子の分光感度評価/波長範囲350~1700nmにおいて定エネルギーの赤外線・光を照射して受光感度の波長依存性を測定します。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料(円)
E1040定エネルギー分光測定1条件につき34,760

■ 料金表 (機器使用料金)

項目番号設備機器名メーカー・型式使用料(円)
E6650定エネルギー分光器日本分光 YQ-250CW-GT11,990

メーカー

日本分光工業株式会社

型番

YQ-250CW-GT

仕様

測定波長範囲350~1700nm/照射面積10mm角(有効サイズ)/照射強度:最大1W/m2/波長間の照射強度一定性:±3%以内/照射面内の強度一定性:±5%/最小測定波長ステップ:1nm

導入年度

1989

 

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:電子技術部 電子デバイスグループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •