電気炉(カンタルスーパ)

この装置について


- クリックで拡大します -
最高温度 :1600℃
炉内寸法 :300×220×250mm
雰囲気 :大気中

用途・特徴について

ガラスの溶解/金属の大気中熱処理/セラミックスの焼結

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 機器使用 , 技術開発受託(受託研究) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *機器使用の詳細については[海老名本部][溝の口支所]をそれぞれご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (機器使用料金)

項目番号設備機器名メーカー・型式使用料(円)
E8841卓上型電気炉柴田科学器械工業 スーパーファーネスSF-17L1,100

メーカー

柴田科学器機工業株式会社

型番

SF-17L

仕様

炉体:高純度アルミナファイバー/使用温度範囲:600~1600℃(大気中)、±5℃(1600℃)/温度調節器:PID制御/センサー:熱電対/温度設定:デジタルパターン設定(最大9パターン、8ステッププログラム機能)/発熱体(ヒーター):カンタルスーパ

導入年度

1994

 

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:機械・材料技術部 材料物性グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •