フォトルミネッセンス測定装置

この装置について


- クリックで拡大します -

用途・特徴について

光を照射して物質中の励起された電子が基底状態に遷移する際に発生する発光スペクトル(PLスペクトル)・蛍光(フォトルミネッセンス)を観測します。
この発光スペクトルによって半導体であれば、バンドギャップ、材料の結晶性、さらに不純物のドーピング量などが評価できます。
このためにLEDなどの発光デバイスなどの評価にも適用可能です。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料(円)
E1060フォトルミネッセンス測定1試料1条件につき 41,360
E1070高分解能(1nm以下)フォトルミネッセンス測定1試料1条件につき81,730

メーカー

愛宕物産株式会社

型番

愛宕物産製フォトミナーD特型

仕様

励起光源アルゴンイオンレーザー(514.5nm, 488.0nm)、He-Cdレーザ
検出器ゲルマニウム・ホトダイオード、GaAs-PMT
測定範囲500~1650nm
測定温度5~300K

導入年度

1990

 

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:化学技術部 新エネルギーグループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •