顕微鏡試料調整用研磨機

この装置について


- クリックで拡大します -

用途・特徴について

金属組織観察やマクロ組織試験用試料を研磨して表面を鏡面に仕上げるために用います。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料(円)
E0060マクロ組織写真写真1枚につき7,260

メーカー

ビューラー社

型番

12インチ卓上型

仕様

試料回転装置回転数及び回転方向;150rpm,時計又は反時計方向/研磨盤回転数及び回転方向;40~600rpm(10rpm毎),反時計方向/研磨盤直径;250又は300mm/試料加圧方法及び加圧力;単独試料研磨時10~100N(5N毎)、集中複数試料研磨時;30~400N(10N毎)/研磨材懸濁液供給方法及び数量;自動、最大7種類・研磨可能試料寸法;φ25mm、φ30mm、φ40mm

導入年度

1990

 

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:機械・材料技術部 材料物性グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •