燃料電池評価装置

用途・特徴について

固体高分子形の燃料電池を様々な条件で運転して、発電性能を測定・評価

ご利用方法

試験計測(依頼試験) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料(円)
E3241燃料電池の発電試験1時間当たり7,260

メーカー

株式会社東陽テクニカ

型番

GTF-MSG-01-KS

仕様

最大負荷500W、最大電流125A、最大電圧20V

導入年度

2005

 

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:化学技術部 新エネルギーグループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •