炭素・硫黄分析装置

この装置について


- クリックで拡大します -
金属材料等に含まれる炭素・硫黄の含有量を同時に測定する分析装置です。

用途・特徴について

金属材料等の構成元素である炭素・硫黄を精度よく定量できます。試料を高周波誘導加熱炉で燃焼し、ガス化した各成分を赤外線検出器により測定し、炭素・硫黄を定量します。
鉄鋼材料中の硬さ・快削性等の特性に大きな影響を与える炭素・硫黄成分は、本装置を用いて精度よく分析する必要があります。他にも、非鉄金属材料やセラミックス材料等を分析可能です。
本装置を用いることで、新規材料開発・品質管理等へ対応でき、製造業をはじめとした幅広い分野への技術支援を行います。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料(円)
E1821炭素・硫黄分析装置による定量分析(A)(容易なもの)1試料,1成分につき(容易なもの)7,810
E1822炭素・硫黄分析装置による定量分析(B)(複雑なもの)1試料,1成分につき(複雑なもの)11,550

メーカー

株式会社堀場製作所

型番

EMIA-Expert型

仕様

酸素気流中高周波加熱燃焼ー赤外線吸収法
試料量:約1g/回(鉄鋼材料)
測定範囲:試料1gに対し0.6ppm以上、炭素10%以下、硫黄1%以下

導入年度

2016

 

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:化学技術部 化学評価グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •