電波暗室改修及びシールド室増設

この装置について


- クリックで拡大します -
IoT機器・生活支援ロボット・医療用電子機器等から発生する不要電磁ノイズの測定(EMI測定)や静電気・電磁界・雷サージ等の電磁ノイズに対する耐性試験(イミュニティ試験)を実施する実験設備です。この実験室では、内外の電磁ノイズを遮断し、歪のないクリーンな電源で試験を実施します。国の補助金(内閣府地方創生拠点整備交付金)により、電波暗室の電波吸収体交換、シールド室の増設および付帯設備の機能強化を行いました。

用途・特徴について

電波暗室は、国際規格CISPR32に対応した放射EMI測定、3次元アンテナ指向性測定などに対応しました。シールド室は2部屋となり、伝導EMI測定と各種イミュニティ試験を効率よく実施できます。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料(円)
E1650三次元アンテナ指向性測定2時間まで44,110
E1660三次元アンテナ指向性測定 1時間増1時間増すごとに20,460

メーカー

日本イーティーエス・リンドグレン株式会社

仕様

電波暗室(改修):日本イーティーエス・リンドグレン(株):3m法電波暗室
シールド室(増設):日本イーティーエス・リンドグレン(株):シールドルーム
3次元球面電波測定システム:日本イーティーエス・リンドグレン(株):2115CR、EMCenter、EMQ-100

導入年度

2017

 

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:電子技術部 電磁環境グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •