紫外・可視・近赤外分光光度計

この装置について


- クリックで拡大します -

紫外・可視・近赤外領域(190~3300 nm)にわたって波長ごとに分けた光を照射し、材料の透過または反射スペクトルを測定する装置です。積分球および直接受光の検出器に加えて、絶対反射ユニットを備えているため、すべての測定モード(正透過、正反射、拡散透過、拡散反射)に対応しています。

用途・特徴について

材料の色、ミラーの反射性能、溶液の濃度、紫外線カット性能、太陽光反射率など、この一台で様々な評価ができます。超大型の試料室によって、多様な形態の試料の測定が可能です。正反射率測定では、入射・反射角を5度から70度の間で任意に変えられます。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料(円)
E2011分光光度計による透過率または拡散反射率測定(紫外・可視のみ)1試料1スペクトルにつき5,830
E2012分光光度計による透過率または拡散反射率測定(紫外・可視・近赤外)1試料1スペクトルにつき6,380
E2013分光光度計による正反射率測定(紫外・可視・近赤外)偏光子なしまたは偏光1成分の1試料1スペクトルにつき6,710
E2014分光光度計による正反射率測定(紫外・可視・近赤外)追加(1)同一試料・同一条件で偏光1成分追加につき3,740
E2015分光光度計による正反射率測定(紫外・可視・近赤外)追加(2)同一試料・同一条件・同一偏光成分で1角度追加につき2,090
E2016分光光度計による透過率または反射率測定(特殊なもの)1試料1スペクトルにつき9,790
E2017分光スペクトルによる色彩・色度座標または太陽光反射率計算1スペクトル1解析につき440

メーカー

株式会社島津製作所

型番

Solidspec-3700i

仕様

主な性能分光器:ダブルモノクロメータ/測光レンジ:-6~+6 Abs/試料室内寸:幅900 x 奥行700 mm
測定モード正透過/正反射(入射・反射角 5~70度)/拡散透過/拡散反射(入射角 0度または8度)
測定波長範囲190~3300 nm(直接受光)/240~2600 nm(積分球)/250~2500 nm(絶対反射率測定, 偏光子なしの場合)
検出器PMT/InGaAs/冷却PbS

導入年度

令和3年度
  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:機械・材料技術部 ナノ材料グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •