表面粗さ・輪郭形状測定機


- クリックで拡大します -


- クリックで拡大します -

表面粗さ・表面形状測定機とは、対象物の表面を触針でなぞり、表面の凸凹(粗さ)を評価・測定する装置です。
形状データ(断面曲線)に各種のフィルターをかけることで粗さ曲線に変換し数値として出力します。一般的に、図面指示でよく使われているRa評価以外に、目的の機能に沿った表面性能(光沢、摩擦、摩耗、気密、接着等)に関する評価が行えます。
形状データからは、寸法測定や幾何公差の評価も可能です。三次元座標測定機の接触子では接触できない、ネジ谷底や微小な角R等の測定に利用できます。

【用途・特徴】
本測定機では、3種類の検出器を選択できます。

1. 粗さ測定用検出器
おもにnm~μmの範囲で、形状データを検出し、各種フィルターをけかることで、表面粗さに関する各種評価を行います。また、断面曲線から、膜厚量や摩耗量の測定にも利用できます。

2. 表面形状測定用検出器
おもにμm~mmの範囲で、形状データを検出し、寸法測定や幾何公差の評価を行います。下方向に加え、上方向にも測定できるため、内径や外径、厚みも測定が可能です。

3. ハイブリッド検出器
1.と2.の機能を有する検出機です。おもにnm~mmの範囲で、粗さ測定と寸法測定を同時に行うことが可能です。

用途・特徴について

本測定機では、3種類の検出器を選択できます。

1. 粗さ測定用検出器
おもにnm~μmの範囲で、形状データを検出し、各種フィルターをけかることで、表面粗さに関する各種評価を行います。また、断面曲線から、膜厚量や摩耗量の測定にも利用できます。

2. 表面形状測定用検出器
おもにμm~mmの範囲で、形状データを検出し、寸法測定や幾何公差の評価を行います。下方向に加え、上方向にも測定できるため、内径や外径、厚みも測定が可能です。

3. ハイブリッド検出器
1.と2.の機能を有する検出機です。おもにnm~mmの範囲で、粗さ測定と寸法測定を同時に行うことが可能です。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 機器使用 で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *機器使用の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

料金について

この機器を使用した依頼試験の料金は以下の通りです。

表面粗さ測定
表面粗さ測定
表面形状測定
形状評価

メーカー

株式会社東京精密

型番

SURFCOM NEX 241 SD2-13

規格

JIS2013、JIS2001、JIS1994、JIS1982、ISO2009、ISO1997、ISO1984、DIN1990、ASME2009、ASME2002/1995、CNOMO に準拠

導入年度

令和3年度
  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:情報・生産技術部 加工評価グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •