動的粘弾性測定装置DMA

この装置について


- クリックで拡大します -

フィルム、ファイバー、複合材料などの固体に引張り変形を与えることで弾性率や減衰特性などが評価できます。モーターとトランスデューサーが分離した歪制御型で、変形のコントロールと応力の測定を独立して行います。

用途・特徴について

高分子材料の機械的特性・熱的特性を測定します。引張り測定の他、3点曲げや圧縮などの変形モードがあります。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料(円)
E2751動的粘弾性測定DMA(40℃以上かつ1走査1時間未満)1走査(温度変化または振動数変化)につき16,390
E2761動的粘弾性測定装置DMA(-50℃以上または1走査1時間超)1走査(温度変化または振動数変化)につき27,610
E2772試料調整(取り付け困難なもの)1試料につき1時間毎(E2750,E2751, E2760,E2761, E2770に適用)2,750

メーカー

TA Instruments

型番

RSA-G2

仕様

引張型加振法、周波数範囲10-3~100Hz/測定温度範囲-60~500℃/荷重範囲10-3~35N/変位範囲±0.1μm~±1.5mm

導入年度

令和3年度
  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:化学技術部 材料化学グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •