熱機械分析装置

この装置について


- クリックで拡大します -

試料の温度変化に伴う寸法(長さ)の変化挙動を測定する装置です。高分子材料、金属材料、無機材料等の試料の熱膨張・熱収縮を測定可能です。圧縮荷重法、引張荷重法、ペネトレーション法など様々なアタッチメントを有しており、圧縮荷重法とペネトレーション法については高精度な示差方式での測定が可能です。

用途・特徴について

各種材料の熱膨張係数や、フィルムの軟化温度などの熱的特性を測定可能です。低温型電気炉と高温型電気炉を備えており、幅広い温度域の測定に対応しています。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料(円)
E2470熱機械測定(TMA)室温~600℃1測定につき16,830
E2471熱機械測定(TMA)600℃をこえるもの1測定につき29,040
E2472熱機械測定(TMA)液体窒素使用1測定につき22,550

メーカー

株式会社リガク

型番

TMA8311

仕様

測定温度範囲-150~600℃(低温型電気炉)、室温~1350℃(高温型電気炉)
測定モード圧縮荷重法(示差膨張方式 または 全膨張方式)、引張荷重法、示差ペネトレーション法
圧縮荷重法の試験片サイズ9mmφ以下(示差膨張方式)または 12mmφ以下(全膨張方式)、長さ10~20 mm 

導入年度

令和3年度
  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:化学技術部 新エネルギーグループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •