光音響マルチガス分析器

この装置について


- クリックで拡大します -

光触媒材料や製品の空気浄化性能評価に使うガス分析装置。光触媒反応前後の気相中の複数のガス種の変化をリアルタイムに測定する装置。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

■ 料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料(円)
K3122その他光触媒性能試験1時間につき6,820

メーカー

Gasera Ltd.

型番

GASERA ONE M-P-C型

仕様

○測定下限値:ガス種による(二酸化炭素 5 ppm, アセトアルデヒド 80 ppbなど)
○ノイズレベル :1 ppm未満(ガス種による。二酸化炭素 0.5 ppmなど)
○複数のガス種を同時に測定可能(最大10種、現在はアセトアルデヒド、酢酸、アンモニア、二酸化炭素、水蒸気を測定可能)
○周囲環境温度変化によるドリフトなし。
○測定ガスの圧力変化によるドリフトなし。
○温度0~49℃のガスを測定可能。
○湿度10~80%のガスを測定可能。
○一般的なガスクロマトグラフと違い、反応器中のガスを採取し、非破壊で濃度を測定したのち、反応器中に戻せる。

※K3122 その他光触媒性能試験 1時間につき 6,820円(税込)が、工数に応じて積算されます。測定条件および測定点数により費用が変わりますので、詳細は担当職員にご相談ください。

導入年度

令和3年度
  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:川崎技術支援部 材料解析グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •