超音波映像装置


- クリックで拡大します -

電子部品、金属・樹脂材料などにおける欠陥を、超音波を用いて検出し映像化する装置です。 X線検査などでは検出できないような空隙、割れ、剥離などの欠陥を検出することができます。

【用途・特徴】
試料を水槽内に置き、超音波プローブを自動走査することで、試料内部の反射像・透過像が得られます。周波数・焦点距離の異なる超音波プローブを各種保有しており、200MHz以上の高分解能の測定などにも対応可能です。最大314×314×150mm(高さ)の試料が測定できます。各種部品・材料の品質や故障原因の解析などにご利用いただけます。

非破壊超音波映像撮影

用途・特徴について

試料を水槽内に置き、超音波プローブを自動走査することで、試料内部の反射像・透過像が得られます。周波数・焦点距離の異なる超音波プローブを各種保有しており、200MHz以上の高分解能の測定などにも対応可能です。最大314×314×150mm(高さ)の試料が測定できます。各種部品・材料の品質や故障原因の解析などにご利用いただけます。

非破壊超音波映像撮影

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

料金について

この機器を使用した依頼試験の料金は以下の通りです。

非破壊超音波映像撮影
非破壊超音波映像撮影(データ解析のみ)

メーカー

Sonoscan社

型番

C-SAM D9600

導入年度

平成25年度
  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:電子技術部 電子デバイスグループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •