複合サイクル試験機

この装置について


- クリックで拡大します -
塩水噴霧、乾燥、湿潤の各単独試験または組み合わせによるサイクル試験を行うことで、試料の腐食劣化を促進させ、その耐食性などを短期間で評価する装置です。

用途・特徴について

試験槽が大きく、多数の試料を一度に試験できます。また、上蓋および正面扉が大きく開くため、大型の試料もそのまま試験することができます。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

手数料または使用料NO.

この機器を使用した料金表の項目は以下の通りです。

メーカー

スガ試験機株式会社

型番

CYP-200DZ

仕様

試験槽約 幅 2000 × 奥行き 1000 × 深さ 1000 mm
耐荷重25 kgf(試料枠) 200 kgf(床等分布荷重)
塩水噴霧試験試験液: 5%塩水 噴霧量: 80 cm^2について1.5±0.5 mL/h 温度: 35±1 ℃, 50±1 ℃ (JIS Z 2371規定の性能を満足する)
乾燥試験温度: (室温+10)~70 ±1 ℃ 湿度: 60 ℃において25±5 %RH
湿潤試験温度:(室温+10)~60±1 ℃ 湿度: 50 ℃において60~95±5 %RH

規格

JIS K 5600-7-1, JIS K 5600-7-9, JIS H 8502, JIS Z 2371, JIS C 60068-2-11, JIS C 60068-2-52, JASO M 609, JASO M 6100 など

導入年度

2014

 

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:化学技術部 環境評価グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •