照度分布評価装置


- クリックで拡大します -

SPD受光素子(受光面積は最小φ1mm)を精密に移動させながら照度を測定することにより、光源の照度むらを面分布で表示させることが出来る。

用途・特徴について

SPD受光素子(受光面積は最小φ1mm)を精密に移動させながら照度を測定することにより、光源の照度むらを面分布で表示させることが出来る。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) で利用できます。

 *試験計測(依頼試験)の詳細についてはこちらをご確認ください。

 *技術開発受託(受託研究) の詳細についてはこちらをご確認ください。

料金について

この機器を使用した依頼試験の料金は以下の通りです。

光学測定に関わる作業

メーカー

株式会社オプトリサーチ

型番

OFAS-150

導入年度

平成25年度

補助金等

本装置は平成25年度に

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:川崎技術支援部 太陽電池評価グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •