分光光度計による正反射率測定(紫外・可視・近赤外)追加(1)

項目 内容
項目番号 E2014
単位 同一試料・同一条件で偏光1成分追加につき
手数料 3,740円
担当部署 機械・材料技術部 ナノ材料グループ
分類 材料や異物の材質、成分、元素、物性の分析
内容 料金表番号E2013に対する追加の細目です。入射・反射角が大きい場合、2つの偏光成分を測定しないとミラーの反射性能を正確に評価できないことがあります。同一試料・同一測定条件で良い場合は、この項目により2検体分とならずに、試験費用を抑えてご利用いただけます。
補足説明
該当する機器名 紫外・可視・近赤外分光光度計
試験対象 ミラーなど鏡面性の高い材料
備考
  • この試験に関連するお問い合わせ
  • 担当:機械・材料技術部 ナノ材料グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •