化学イオン化(CI)法によるGCMS分析

項目 内容
項目番号 E2350
単位 1試料につき (E2310,E2330,E2340に適用)
手数料 11,880円
担当部署 化学技術部 
分類 材料や異物の材質、成分、元素、物性の分析
内容 GCMSの検出器(MS)部分のイオン化法を化学イオン化(CI)法にすることによって、通常のGCMSで用いる電子衝撃(EI)法と異なり、親イオンを調べることができます。フラグメントイオンがほとんど生成しないため、マススペクトルから成分特性することは難しいです。EI法を用いたGCMS分析と合わせて分析することでより確度の高い定性分析を行えます。但し、EI法よりも感度は下がります。
補足説明 コードNo.E2310,E2330,E2340に適用
該当する機器名 ガスクロマトグラフ質量分析計
試験対象 有機物質の分子量測定
備考 1試料につき
  • この試験に関連するお問い合わせ
  • 担当:化学技術部 
  • その他の技術相談はこちらから
  •