E4180

項目 内容
試験名 粒径分布測定(動的光散乱法)
単位 1試料につき
手数料 8800円
担当部署 機械・材料技術部 ナノ材料グループ
 
分類 Array
内容 動的光散乱(DLS)法でブラウン運動を観測して、溶媒中に分散した微粒子(またはエマルション)の粒径分布(粒度分布)を測定する試験です。測定可能サイズは約 1 ナノメートル~ 7 マイクロメートルです。試料には、測定中に沈降しない分散性が求められ、沈降した粒子は観測にかかりませんのでご注意ください。10℃~90℃の範囲で温度制御しながら測定することも可能です。なお、低濃度の場合は測定できず、高濃度の場合はブランク液で希釈した方が信頼性の高いデータが得られる傾向がありますので、ご相談下さい。また、各種の分散溶媒で測定できますが、低粘度であることが必要です。
補足説明 粒径の絶対値の算出には、分散溶媒の粘度と屈折率の情報が必要。
機器番号
試験対象 粒径が7ミクロン以下の沈降しない粒子。
備考 粒径が7ミクロン以下の沈降しない粒子。
so-kizai@kistec.jp
  • この試験に関連するお問い合わせ
  • 担当:機械・材料技術部 ナノ材料グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •