E4181

項目 内容
試験名 粒径分布測定(光顕微鏡による画像解析式)
単位 1試料、合成画像1視野につき
手数料 4400円
担当部署 機械・材料技術部 ナノ材料グループ
 
分類 Array
内容 粒子を光学顕微鏡で観察して、画像解析によって粒度分布を測定します。真空分散器を備えているので、凝集状態をほぐして観察基板上に展開できます。一視野では観察領域が狭いため、精密ステージによる画像合成(モンタージュ)を使って多視野をまとめて撮像することにより、一画像で多数の粒子数を観察します。顕微鏡下で観察するタイプで、フロー式と比べて撮像粒子数は限られますが、分散性の良い丁寧な計測が可能です。乾燥粉末が主な対象ですが、透明材料に埋め込まれた粒子(例 メタリック塗装)や、液中分散した粒子にも対応しています。
補足説明 撮像粒子一つ一つに対する、顕微ラマン分光分析と合わせて解析することも可能。対物レンズは5倍~100倍まで5種類で、明視野だけでなく暗視野観察にも対応。
機器番号
試験対象 光学顕微鏡で観察可能な1マイクロメートル以上、0.3ミリメートル以下の微粒子。
備考 光学顕微鏡で観察可能な1マイクロメートル以上、0.3ミリメートル以下の微粒子。
so-kizai@kistec.jp
  • この試験に関連するお問い合わせ
  • 担当:機械・材料技術部 ナノ材料グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •