硫酸基を付与したアンモニア吸着用の天然ゼオライトとその製造方法

登録ID 204
出願番号 2008-110702
公開番号 2009-233647
公開年月日 2009年10月15日
出願人 神奈川県、(株)ピュアレックス
発明者 深澤 宜行、上元 好仁
発明の名称 硫酸基を付与したアンモニア吸着用の天然ゼオライトとその製造方法
国際特許分類(IPC) B01J20/18、C01B39/26、A61L9/01、A61L9/16
概要 気体のアンモニアを選択的に吸着するゼオライトを選び、ゼオライトの表面をアンモニアと結合しやすい、硫酸などの酸性化合物で表面修飾を行い硫酸基化するものです。この際、160℃から300℃で加熱処理を行うことで、ゼオライトと硫酸基の結合を促進させることを特徴とします。これにより、ゼオライトの細孔と硫酸基の双方によるアンモニアの吸着が行われ、吸着力の向上と吸着容量の増加が行われます。こうした新たなアンモニア吸着材をフィルターに担持することにより、直接、気体のアンモニアを吸着除去する安価な材料を供給することができます。
備考