生活支援ロボットデザイン支援事業

デザインの力で生活支援ロボットの商品化を進めよう!

生活支援ロボットの開発企業の皆さま、デザイン活用をして新たな価値創造してみませんか?

 神奈川県では、「さがみロボット産業特区」において、これまで、「重点プロジェクト」、「公募型「ロボット実証実験支援事業」、及び、「神奈川版オープンイノベーション」の取組みにより、生活支援ロボットの研究開発を支援しています。

 KISTECでは、県内中小企業の優れた開発力と、デザイナーのユーザー視点やアイデアを掛け合わせて、ユーザーが使ってみたくなる魅力的な生活支援ロボットの商品化に向けた支援を実施します。

 

概  要募  集支援事例

「生活支援ロボットデザイン支援事業」は、製品開発の早い段階から積極的にデザイン活用を推進するために「モデル事業(商品化促進モデル事業)」として、開発企業、デザイン事業者、KISTECの3者で開発を進めながら事業を展開します。

企業とデザイナーをマッチングし、ユーザーとの共創、デザイン開発、試作支援・知財支援を行います。KISTECは企業の課題に伴走しながら製品化・事業化に向けた支援を行います。

この支援を希望する開発企業と、提案力のあるデザイナーをそれぞれ募集を致します。募集についての詳細は「募集」タグより、それぞれの参加要件をご確認ください。

 

支援対象分野

介護・医療、高齢者などへの生活支援、災害対応、農林水産(鳥獣対策を含む)、インフラ・建設、交通・流通、観光、犯罪・テロ対策等を含む生活支援ロボット(*産業用ロボット以外)

 

支援内容

マッチング :開発企業とデザイナーをマッチング(KISTECがデザイン委託費を負担します。)

デザイン支援: 商品戦略、商品企画、デザイニング、試作・製造監修までの一連のデザイン開発支援

試作支援  : KISTECの3Dプリンター、3Dスキャナーを活用した試作支援

       (試作ボリュームによって材料等の費用を一部負担いただきます。)  

       ・モデルの可視化  ・テストマーケティング  

       ・ユーザーモニタリング用試作  ・組み付け確認用試作 等

知財支援  : 知的財産権やデザイン契約など専門家による知財戦略支援 等

 

採択件数

総合A・総合B 合わせて3件以内

総合A

支援内容 商品化プロセスに必要なデザイン開発を総合的に支援
(デザイン委託費200万円以内)

総合B

支援内容 商品化プロセスに必要なデザイン開発の一部を支援
(デザイン委託費80万円以内)

 

事業の流れ

 

開発企業の方はこちら

■「ロボットデザインテーマ(支援対象テーマ)」募集

募集期間:令和3年3月1日(月)~令和3年4月16日(金)  17:00まで

■  公募要件 (主なもの)

(1)
デザイン事業者による総合的な支援により、実際に使用するユーザーの安心感や快適性に配慮した使い勝手の良い「生活支援ロボット」の創出に繋がるテーマを有し、商品化の達成に向けて意欲的にデザイン事業者と「共創」ができること。

(2)
次に掲げる「さがみロボット産業特区」の事業等に参加している、神奈川県内に事業所を有する中小企業者、又は、神奈川県内に事業所を有する中小企業者を構成員に含むグループで、デザイン事業者によるデザイン開発の支援を受けることにより、令和4年3月までに生活支援ロボットの商品化または商品化に向けた試作品を完成することができる事業者(以下、「支援対象者」という)であること。
 
 ・神奈川版オープンイノベーション
 ・重点プロジェクト
 ・公募型「ロボット実証実験支援事業」
 ・県が指定する研究開発テーマを対象とするもの(*注)
   (但し、ロボット研究会に参加するもの)

*注:詳細は県産業振興課技術開発グループ(電話:045‐210‐5646)へお問い合わせください。

■  応募に関しての留意事項

❶ KISTECホームページ等で、企業名・応募テーマの概要等を公表します。

❷ テーマの選定に当たっては、マッチングされたデザイン事業者のプロポーザル提出および、外部有識者による審査会(7月中・下旬開催予定)に同席いただいた上、審査・選定を行います。

*審査会当日について: 支援対象者には開発の事業性、共創に対する考え方をプレゼン後、審査委員の方による質疑に応答していただきます。(審査会日程は別途通知)

❸ 試作品の製作にかかる材料費等の諸経費ほか、本事業の委託契約の業務内容に含まれない業務を当該デザイン事業者に依頼することで発生する費用については、支援対象者の負担となります。
*3Dプリンター等を使用する場合には、一部費用の負担有り。

❹ 本事業において、デザイン事業者が成した知的財産権は、原則としてデザイン事業者に帰属します。ロボットの商品化にあたり本知的財産権を使用する場合は、その譲渡または実施許諾の対価等について、デザイン事業者、KISTECとが協議して定めていただきます。

「支援対象テーマ募集要項」

「参加申込書」

デザイナーの方はこちら

■ 「デザインプロポーザル」募集

開発企業とのマッチングを希望されるデザイン事業者の方は、支援候補となるロボットデザインテーマ説明会・セミナーにご参加いただき、支援対象者とのマッチング希望(支援対象者申出書)を申請をご提出ください。開発企業とマッチングが成立したデザイン事業者がデザインプロポーザルを申請できます。スケジュールの詳細は下記をご覧ください。

デザインプロポーザル募集期間:令和3年5月31日(月)~令和3年 6月25日(金)まで

■ 「デザインプロポーザル」の公募要件

(1)
支援候補のロボットデザインテーマ一覧から提案を行うテーマを選択し、支援候補者の開発コンセプト、ユーザーニーズ等を想定したうえで、商品化を促進するためのデザイン支援業務を提案(プロポーザル)すること。(複数の開発テーマについての応募も可とします)
 
(2)
プロポーザルに参加できる者は、商品開発に係るデザインプロセス(商品戦略、商品企画、デザイニング、試作・製造監修など)を統括できる法人(中小企業者に限る)または個人で、委託業務を効果的かつ効率的に実施できる者であること。

■ 「デザインプロポーザル」応募に関しての留意事項

❶ 支援候補者によるロボットデザインテーマの詳細についてはマッチングの際にご確認ください。

 令和3年度:ロボットデザインテーマについては令和3年4月26日(月) より企業名・応募テーマの概要をHPにて公開します。

❷ プロポーザルを提出するためには、支援を行ないたい支援対象者から選定される必要がありますので、必ず支援対象者希望申出書をご提出してください。その後、支援対象者と調整を行ったうえマッチング面談を行ないます。

*申し込みについて:

プロポーザル募集要項(様式3)_支援対象者希望申出書 をダウンロードし、必要事項を記入の上、下記の申込先電子メールまでお送りください。

  【申込先電子メールアドレス】: rep-design*kisteci.jp

   ※ メールアドレス内の全角文字「*」を半角文字「@」に変換してご使用ください。

  【申込締め切り】 : 5月 10日(月) 17:00まで

❸ デザイン事業者はプロポーザルの提出(令和3年6月25日(金)までに必着)
  -提出書類-
  1:企画提案書(様式4)
  2:見積書(様式5)
  3:履歴事項全部証明書(法人の場合)または住民票(個人の場合)
    ※提出日において発行日から30日以内のもの
  4:直近年度の決算書(法人の場合)または
    事業に係る確定申告書の写し(個人の場合)
  5:過去の実績
    主な事例を3点程度にまとめたポートフォリオ
  6:その他コンセプトシート、イメージ等関係書類(※任意)

❹ プロポーザルの選定に当たっては、外部有識者による審査会(7月中・下旬開催予定)で申請書類内容に基づき審査・選定を行います。

*審査会当日について:
デザイン事業者には企画提案書に沿ってのプレゼン後、審査委員の方による質疑に応答していただきます。(審査会日程は別途通知)

❺ 選定したデザイン事業者(契約候補者)と支援対象者、KISTECとが協議し、委託業務に係る仕様を確定させた上で、KISTECは両者と契約を締結します。なお、選定した契約候補者と協議が整わなかった場合には、審査結果において総合評価が次に高い応募者と協議を行います。

❻ 審査結果は選定後、速やかに参加者に文書で通知するとともに、契約締結後にホームページ上で公表します。

「プロポーザル募集要項_令和3年度生活支援ロボットデザイン支援事業委託業務に係るプロポーザル募集要項」

「プロポーザル募集要項(様式2)_説明・質疑内容等の取り扱いに関する誓約書」

「プロポーザル募集要項(様式3)_支援対象者希望申出書」

「プロポーザル募集要項(様式4)_令和2年度生活支援ロボットデザイン支援事業委託業務企画提案書」

「プロポーザル募集要項(様式5)_見積書」

「プロポーザル募集要項(様式5)Excel版_見積書」

「プロポーザル募集要項(別表)_審査項目及び評価内容」

スケジュール

事業項目 (令和3年度)

3月 1日(月)~ 4月16日(金)

【開発企業】ロボットデザインテーマ募集 *参加申込書の提出(様式1)

 4月26日(月)〜

資格要件審査後、「支援候補」認定・テーマ発表

(企業名・応募テーマの概要をHPにて公開します)

4月 26日(月)~ 5月 10日(月)

【デザイン事業者】支援対象者希望申出書(マッチング希望)受付 *プロポーザル募集要項(様式3)の提出

5月 11日(火)~ 5月 28日(金) 【開発企業+デザイン事業者】支援候補企業・デザイン事業者のマッチング
5月 31日(月)~ 6月 25日(金)

【デザイン事業者】デザインプロポーザル募集 *プロポーザル募集要項(様式4)・プロポーザル募集要項(様式5)の提出

7月 中・下 旬 【開発企業+デザイン事業者】プロポーザル審査会・デザイン事業者選定
8月 中・上 旬 支援対象者・デザイン事業者・当研究所の3者で支援内容、及び、委託業務内容を協議・決定
9月 上 旬 KISTECがデザイン事業者へ委託業務契約 *契約は3者契約となります
9月 上 旬  ~ 3月 中 旬 デザイン開発委託期間
3月 中 旬 事業成果発表会
フォローアップ 次年度から 展示会等で開発ロボットの普及・促進

 

■商品化促進モデル事業(平成27年度)

 テーマ「空圧式足首可動域改善補助装置の開発」
 開発企業    株式会社 エルエーピー
 デザイン事業者 株式会社ホロンクリエイト

この開発テーマは、脳血管疾患や怪我により足首が麻痺や拘縮(こうしゅく)した方のQOL(生活の質)向上のため、足首関節を曲げたり伸ばしたりする継続的な運動を安全にサポートする装置の開発です。

当事業開始後、KISTECがデザイン事業者や、神奈川県総合リハビリテーションセンターなどと協力して、商品戦略・企画から3Dプリンターによる試作開発支援、ユーザーヒアリング、製造監修まで一貫して支援したことで、平成28年度(10月)に商品化を達成することができました。現在、販売実績を伸ばしているところです。

relegs

 

■商品化促進モデル事業(平成28年度)

 テーマ「介護施設向け集中管理型見守りシステムのシステムデザイン開発」
 開発企業    株式会社バイオシルバー
 デザイン事業者 石田デザイン事務所

本製品は、ベッドマットレスや布団の下に設置することで、センサーマットから感知される生体情報(心拍・呼吸・体動)や、ベッドにいるかいないか、いつ離れたか、利用者の状況を介護者がリアルタイムに知ることができる見守り介護ロボットの開発です。

当事業開始後、耐久性や使い勝手に配慮し、看護現場でより洗練され、美しさや優しさが感じられるシンプルでスマートなデザインを目指しました。材料選定・機能試作テストを繰返すことにより、センサーマットの性能向上、センサーユニットのコンパクト化を実現し、製品性能を向上させ、平成30年度(3月)に商品化を達成することができました。

relegs

 

お問い合わせ

電子メールでのお問い合わせ→(お問い合せフォーム)

問い合わせ先
事業化支援部 企画支援課
〒243-0435 海老名市下今泉705-1
TEL: 046-236-1500