高度加速寿命試験機によるプラスチック封止された電子部品などの耐湿性評価試験

高度加速寿命試験機の特徴

(高度加速寿命試験機の特徴)
プラスチック封止された電子部品などの耐湿性を短期間に評価するために利用されます。
高度加速寿命試験には、飽和条件下(湿度100%)で実施されるプレッシャークッカー(PCT)試験と不飽和条件(湿度85%等)で実施するHAST(Highly Accelerated temperature and humidity Stress Test)試験があります。

  •  
  • 写真1 高度加速寿命試験機
  • 写真1 高度加速寿命試験機

(代表機器の型番)
  ESPEC EHS-412M(写真1)
(主な仕様)
  温度制御範囲:105~162.2℃、
  湿度制御範囲: 75 ~100%RH
  圧力制御範囲:0.020~0.392MPa(Gauge)
  内容量 : φ294×L318 mm
  通常棚(5kgまで)×2段(大・小各1段)
  乾湿球温度制御」「不飽和制御」「濡れ飽和制御」の3モードを装備
  *試験中に空気を残留させることにより、酸素が劣化要因に影響する試料の加速寿命試験に有効なAir-HAST 機能装備。

プレッシャークッカー(PCT)試験での温度・湿度・圧力制御

  •  
  • 図1 実際の運転結果(飽和条件)
  • 図1 実際の運転結果(飽和条件)


図1は、151℃ ・100%(飽和条件)という設定で運転した結果です。

ご利用を希望される方へ

同様の事例については、 試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) でご利用いただけます。

参考料金は以下の通りです。

料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料
E1365HAST試験24時間まで18,920
E1366HAST試験・24時間増24時間増すごとに12,980

詳細はお問い合わせください。

参考・関連リンク

今回の高度加速寿命試験機によるプラスチック封止された電子部品などの耐湿性評価試験の事例については、以下の関連ページもご参照ください。 高速温湿度システム(高度加速寿命(PCT)試験機)
  • この分析事例に関連するお問い合わせ
  • 担当:電子技術部 電子システムグループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •