炭素・硫黄分析装置

お客様ご自身が使用して、試作・分析を行える機器は 『利用の仕方』欄にご利用OKがつけてあります。

炭素・硫黄分析装置

 

項目 内容
機器名 炭素・硫黄分析装置
利用の仕方  
使用料No
分類 分析・評価機器
担当 化学技術部
仕様 酸素気流中高周波加熱燃焼ー赤外線吸収法、
試料量:約1g/回(鉄鋼材料)、
測定範囲:試料1gに対し0.6ppm以上、炭素10%以下、硫黄1%以下、
付属品:オートサンプラ、電子天秤、電気炉、鋼種判別装置
用途 鉄鋼材料等に含まれる炭素・硫黄の定量分析
手数料No
/試験名
E1810/定量分析(普通)、他
製造社名 (株)堀場製作所
規格 EMIA-Expert型
導入年度 平成28年度

  • 「使用料」とはご利用OKのついた機器をご使用いただいたときの料金です。ご利用OKのある機器でも、使用条件によって料金が変わる場合は空欄となっています。そのような機器の使用料は、お問い合わせ下さい。
  • 「手数料」とは当研究所職員がお客様のご依頼を受けて試験等を実施する場合の料金です。この他にオーダーメードでもお受けできます。
  • 「試験名」とは当機器を利用して行う試験等の名称で、クリックすると詳細説明がご覧になれます。