多核FT-NMR装置

お客様ご自身が使用して、試作・分析を行える機器は 『利用の仕方』欄にご利用OKがつけてあります。

NMR、核磁気共鳴吸収装置 (Nuclear Magnetic Resonance)、日本電子 JNM-400A、2次元NMR、多核NMR

 

項目 内容
機器名 多核FT-NMR装置
利用の仕方
使用料No
分類 分析・評価機器
担当 機械・材料技術部
仕様 測定核種 1H、13C、15N、29Si、31P、19F 等/観測周波数 1H:400MHz/5mmΦ フィールドグラジエントプローブ/温度可変測定(~150℃)/二次元測定
用途 NMR(核磁気共鳴:Nuclear Magnetic Resonance)装置は、水素や炭素などの原子核による、ラジオ波の磁気共鳴吸収を観測することにより、主として有機材料の同定や構造解析、定量などを行います。二次元測定や、多核測定(窒素、シリコン、リンなど)にも対応できます。
手数料No
/試験名

E2641核磁気共鳴(NMR)分析( プロトンのみ) 1試料,1Hの一次元スペクトルにつき
E2642核磁気共鳴(NMR)分析 (基本測定)1試料,1Hおよび13Cの一次元スペクトルにつき
E2643核磁気共鳴(NMR)分析(多核など特殊測定)1試料,1条件につき
E2644核磁気共鳴(NMR)分析(二次元測定)1試料,1Hおよび13Cの一次元スペクトルおよび相関スペクトル(DQF-COSY, HMQC, HMBC)につき

製造社名 日本電子(株)
規格 JNM-A400
導入年度 平成02年度

  • 「使用料」とはご利用OKのついた機器をご使用いただいたときの料金です。ご利用OKのある機器でも、使用条件によって料金が変わる場合は空欄となっています。そのような機器の使用料は、お問い合わせ下さい。
  • 「手数料」とは当研究所職員がお客様のご依頼を受けて試験等を実施する場合の料金です。この他にオーダーメードでもお受けできます。
  • 「試験名」とは当機器を利用して行う試験等の名称で、クリックすると詳細説明がご覧になれます。