フォトルミネッセンス測定装置

お客様ご自身が使用して、試作・分析を行える機器は 『利用の仕方』欄にご利用OKがつけてあります。

フォトルミネッセンス測定装置(Photo Luminescence)、PL測定装置

 

項目 内容
機器名 フォトルミネッセンス測定装置
利用の仕方  
使用料No
分類 分析・評価機器
担当 化学技術部/電子技術部
仕様 励起光源:アルゴンイオンレーザー(514.5nm, 488.0nm)、
He-Cdレーザ
検出器:ゲルマニウム・ホトダイオード、
GaAs-PMT
測定範囲:500~1650nm
測定温度: 5~300K
用途 光を照射して物質中の励起された電子が基底状態に遷移する際に発生する発光スペクトル(PLスペクトル)・蛍光(フォトルミネッセンス)を観測します。
この発光スペクトルによって半導体であれば、バンドギャップ、材料の結晶性、さらに不純物のドーピング量などが評価できます。
このためにLEDなどの発光デバイスなどの評価にも適用可能です。
手数料No
/試験名
製造社名 愛宕物産(株)
規格 愛宕物産製フォトミナーD特型
導入年度 平成02年度

  • 「使用料」とはご利用OKのついた機器をご使用いただいたときの料金です。ご利用OKのある機器でも、使用条件によって料金が変わる場合は空欄となっています。そのような機器の使用料は、お問い合わせ下さい。
  • 「手数料」と