紫外・可視分光光度計

お客様ご自身が使用して、試作・分析を行える機器は 『利用の仕方』欄にご利用OKがつけてあります。

紫外・可視・近赤外(UV-Vis-NIR)分光光度計、紫外・可視分光光度計、透過率測定、反射率測定

 

項目 内容
機器名 紫外・可視・近赤外分光光度計
利用の仕方
使用料No
分類 分析・評価機器
担当 機械・材料技術部
仕様 測定波長190nm-3200nm(直線透過率の場合)/絶対反射測定ユニット(入射角5度、12度、30度、45度)/外部光源導入機構
用途 塗膜や光学材料、金属、セラミックス等の透過率や反射率を測定する装置です。直線透過率、鏡面反射率の他に、拡散成分を含む透過率測定や、拡散反射率の測定も可能です。日射遮蔽材料や紫外線カット材料などの評価にも有効です。また石英セルなどを用いた、溶液の透過率測定などにも対応しています。
手数料No
/試験名
E2010 紫外・可視分光光度計試験分析
製造社名 (株)島津製作所
規格 UV-3100PC
導入年度 平成09年度

  • 「使用料」とはご利用OKのついた機器をご使用いただいたときの料金です。ご利用OKのある機器でも、使用条件によって料金が変わる場合は空欄となっています。そのような機器の使用料は、お問い合わせ下さい。
  • 「手数料」とは当研究所職員がお客様のご依頼を受けて試験等を実施する場合の料金です。この他にオーダーメードでもお受けできます。
  • 「試験名」とは当機器を利用して行う試験等の名称で、クリックすると詳細説明がご覧になれます。