高速液体クロマトグラフ-質量分析装置

この装置について
本装置は、液体サンプルに含まれる微量の有機化学物質成分を感度良く定量する装置です。また、分取装置部を備えているため、液体クロマトグラフ部で分離した成分のみを採取し、NMR(核磁気共鳴)やIR(赤外分光法)といった他の分析機器での測定も可能となります。
用途・特徴について
○ バイオマーカーセンサで測定する化学物質成分を本装置で直接的に測定し、センサ精度の評価に活用できます。
○ 医薬品や食品中の効能成分の分析に活用できます。
○ 工業製品部材中や環境水中の規制を伴う有害成分の定量分析に活用できます。
○ 本装置を活用することにより、中小企業等の医療機器産業をはじめとする新たな技術開発への参入を支援します。
名称・型番について
高速液体クロマトグラフ-質量分析装置:日本ウォーターズ(株)Aquity H-Classシステム(超高速液体クロマトグラフ部)、Xevo TQD(質量分析部)、WFM-A(分取装置部)
利用するには

依頼試験および受託研究等でご利用いただけます。詳細については担当者までご相談ください。

【問い合わせ先】化学技術部 バイオ技術チーム、環境安全チーム