複合サイクル試験機

この装置について
 塩水噴霧、乾燥、湿潤の各単独試験または組み合わせによるサイクル試験を行うことで、試料の腐食劣化を促進させ、その耐食性などを短期間で評価する装置です。
用途・特徴について
 大型と小型の二つのユニットがあります。大型ユニットは試験槽が大きく(約 幅 2 m×奥行き1 m×深さ1 m)、多数の試料を一度に試験できます。また、上蓋および正面扉が大きく開くため、大型の試料もそのまま試験することができます。小型ユニット(試験槽:約 幅 0.9 m×奥行き0.6 m×深さ0.5 m)では、上記3種の試験に加え、浸せき試験を組み合わせたサイクル試験を行うことも可能です。
名称・型番について
 複合サイクル試験機:スガ試験機(株):CYP-200DZ(大型ユニット), CYP-90D(小型ユニット)
利用するには

 依頼試験や受託研究でご利用いただけます。実施可能な試験条件など、詳細については担当者までご相談ください。

【問い合わせ先】