振動試験システム

この装置について
振動や衝撃を発生する装置です。正弦波やランダム波、ショック波を発生することができます。供試品に、使用環境や輸送等を想定したさまざまな振動や衝撃を加えることができます。
用途・特徴について
 機械部品や製品、電気・電子機器ほかさまざまな供試品に振動や衝撃を加えて、機器等が正常に機能するか、耐久性はどうか、あるいは梱包状態の試験では梱包が適正か、などを確認します。
 供試品の耐振動・耐衝撃性評価については、さまざまな業種・分野で試験規格が定められていますが、本装置では多くのJIS,ISO,MIL等の規格に準拠した試験を行うことができます。また、供試品の共振点を確認することにもお使いいただけます。
 加振力が40 kN と大きいため、大型・大重量の供試品の試験に適しています。
名称・型番について
振動試験システム:IMV(株):i250/SA5M
利用するには

依頼試験や機器利用、受託研究でご利用いただけます。装置の仕様ほか詳細は担当者までご相談ください。

【問い合わせ先】機械・材料技術部 機械制御チーム