超音波映像装置

お客様ご自身が使用して、試作・分析を行える機器は 『利用の仕方』欄にご利用OKがつけてあります。

超音波画像、超音波検査、超音波探傷、Scanning Acoustic Tomograph、SAT

 

項目 内容
機器名 超音波映像装置
利用の仕方 依頼試験
使用料No
分類 表面・内部観察機器
担当 電子技術部
仕様 反射波・透過波測定,Waterfall測定など/スキャナ:最大有効範囲314×314mm,最小ピッチ0.5μm/パルサーレシーバ:最大500MHz,最大ゲイン95dB/探触子:最大230MHz対応
用途 非破壊超音波映像撮影
手数料No
/試験名
E0990/非破壊超音波映像撮影
製造社名 Sonoscan社
規格 C-SAM D9600
導入年度 平成25年度

  • 「使用料」とはご利用OKのついた機器をご使用いただいたときの料金です。ご利用OKのある機器でも、使用条件によって料金が変わる場合は空欄となっています。そのような機器の使用料は、お問い合わせ下さい。
  • 「手数料」とは当研究所職員がお客様のご依頼を受けて試験等を実施する場合の料金です。この他にオーダーメードでもお受けできます。
  • 「試験名」とは当機器を利用して行う試験等の名称で、クリックすると詳細説明がご覧になれます。