令和2年度新規導入機器/設備紹介

新規導入機器一覧

パワー半導体特性評価装置(半導体カーブトレーサ)

この装置について

半導体カーブトレーサ写真

(クリックすると拡大します)

半導体カーブトレーサはダイオード、トランジスタなどの半導体の静特性を測定するための装置です。近年性能向上の著しいパワー半導体の特性を計測するため、3,000V、1,000Aの高電圧・大電流の測定が可能です。

用途特徴について

EV(電気自動車)や太陽光発電・風力発電などの電力変換装置の性能向上のためには、高性能で信頼性の高いパワー半導体が必須です。このようなパワー半導体においては大電流のスイッチングを行うため自己発熱による温度上昇が伴います。したがってパワー半導体の特性を計測する場合には温度依存性も含めて計測する必要があります。
本装置はホットプレート上あるいは高温槽内で計測を行うことが可能な仕様となっており、またSiCなどのワイドバンドギャップ半導体のデバイスに対応するため250℃の高温での計測に対応しております。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) でご利用できます。(料金・機器の個票はこちら

メーカー

岩崎通信機株式会社

型番

CS-3300

導入年度

令和2年度

担当部署

電子技術部

補助金等

公益財団法人JKAロゴ

 この装置は公益財団法人JKAによる2020年度公設工業試験研究所等における機械設備拡充補助事業により導入しました。

 

放射・伝導電磁界イミュニティ測定システム

この装置について

放射・伝導電磁界イミュニティ測定システム

(クリックすると拡大します)

伝導電磁界イミュニティ測定システムは、無線電波に対する民生機器・医療機器・車載機器の耐性能力を評価する試験(イミュニティ試験)を行う装置です。

用途・特徴について

民生機器・医療機器の放射無線周波電磁界イミュニティ試験(IEC61000-4-3)については、周波数範囲が80MHz~6GHzまで拡張されており、さらに、医療機器のワイヤレス通信機器における個別周波数の試験が可能です。無線周波電磁界によって誘導する伝導妨害に対するイミュニティ試験(IEC61000-4-6)については、LANポート・USBポート専用のCDNを用意しました。車載機器に対する路上走行車 -狭帯域放射電磁エネルギーによる電気的妨害のコンポーネント試験方法- BCI試験(ISO11452-4)については、1MHz~400MHzにおいて200mAまでの試験が可能です。その他、新しい試験規格の近接電磁界イミュニティ試験(IEC61000-4-39)にも対応しており、近傍強電磁界の試験が可能となっています。

ご利用方法

試験計測(依頼試験) でご利用できます。

メーカー

東陽テクニカ

型番

特注品

導入年度

令和2年度

担当部署

電子技術部

 

化学反応評価装置

この装置について

化学反応評価装置

(クリックすると拡大します)

化学物質の反応や分解にともなって発生する熱量や温度を測定する装置です。カルベ型熱量計(C80)と断熱熱量計(ARC)で構成され,一般的な示差走査熱量計(DSC)では測定が困難な微小熱量の測定や断熱条件下での測定を行うことが可能です。

用途・特徴について

【用途】

・化学物質の熱安定性の評価
・化学反応にともなう反応熱量測定
・断熱反応測定による反応暴走時の上昇温度,圧力の測定
・反応工程の危険性評価と安全対策の検討
・化学品の貯蔵,輸送時の管理温度の設定

【特徴】

カルベ型熱量計は化学物質の反応によって発生する熱量を測定します。試料容器が通常の熱分析装置に比べて大きいため,混合試料の測定が可能です。試料容器も密封容器や混合容器,圧力測定容器などがあります。また,微小熱量を測定できるため,長期間の熱的安定性の評価や浸漬熱量測定などにも利用されています。
断熱型熱量計では化学物質が反応によって生じた熱が系内に蓄積するため,指数関数的に反応が進行します。その時の温度上昇と圧力上昇を測定することで反応が暴走した時の危険性を評価します。さらにこの結果を用いて,取り扱い温度条件の設定などにも利用されています。

ご利用方法

技術開発受託(受託研究)でご利用できます。さらに反応熱量計や種々の熱分析装置も用いることにより,化学物質の製造工程や貯蔵,輸送時の危険性評価も実施しております。

メーカー・型番

C80 SETARAM社製,ARC THT社製

導入年度

令和2年度

担当部署

化学技術部

補助金等

公益財団法人JKAロゴ

 この装置は公益財団法人JKAによる2020年度公設工業試験研究所等における機械設備拡充補助事業により導入しました。