ハイパワー恒温恒湿槽による機械装置、電気製品、電子部品、各種材料等の信頼性試験

ハイパワー恒温恒湿槽の特徴

機械装置、電気製品、電子部品、各種材料等の信頼性試験(温度サイクル、温湿度サイクルなど)に利用されます。
通常の恒温恒湿槽が、比較的ゆっくりとした温度変化(1℃/分程度)で運転されるのに対し、ハイパワー恒温恒湿槽は、10℃/分以上の急速な温度変化で運転することにより、不良再現性の評価を可能としています。また、通常の恒温恒湿槽よりも高い温度(95℃)まで湿度制御が可能なため、より厳しい条件での試験実施が可能です(写真1)。

  •  
  • 写真1 ハイパワー恒温恒湿槽
  • 写真1 ハイパワー恒温恒湿槽

(代表機器の型番)
  ESPEC ARSF-0250-15
(主な仕様)
  温度制御範囲: -70~+180℃
  湿度制御範囲: 10~98%R.H. (温度により変動)
  内容量 : 249リットル (W60×D80×H83 cm)
  IEC 60068-2-14-Nb/2-30/2-38に適合
  最速15℃/分の急速温度変化性能(-45℃⇔+155℃において)

ハイパワー恒温恒湿槽の温度制御

  •  
  • 図1 実際の運転結果(変化速度:15℃/分設定)
  • 図1 実際の運転結果(変化速度:15℃/分設定)


図1は、80℃ ⇔ -40℃ の間を15℃/分で温度変化するよう設定し、運転した結果です。

ご利用を希望される方へ

同様の事例については、 試験計測(依頼試験) , 技術開発受託(受託研究) でご利用いただけます。

参考料金は以下の通りです。

料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料
E1361ハイパワー恒温恒湿槽 (ARSF)24時間まで25,610
E1362ハイパワー恒温恒湿槽 (ARSF)・24時間増24時間増すごとに13,750

詳細はお問い合わせください。

参考・関連リンク

今回のハイパワー恒温恒湿槽による機械装置、電気製品、電子部品、各種材料等の信頼性試験の事例については、以下の関連ページもご参照ください。 高速温湿度システム(急速温度変化サイクル試験機)
  • この分析事例に関連するお問い合わせ
  • 担当:電子技術部 電子システムグループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •