3Dプリンター(樹脂材料)による技術開発、製品開発、研究開発のための造形(試作)支援

3Dプリンターの特徴

3Dプリンター造形(試作)の支援を行っています。UV 硬化型インクジェット造形方式の3Dプリンターを2台、光造形方式の3Dプリンターを1台設置しています。

図1) ProJet MJP 5500X-E(3D Systems 社製)UV 硬化型インクジェット造形方式

  •  
  • 図1 ProJet MJP 5500X-E(3D Systems 社製)
  • 図1 ProJet MJP 5500X-E(3D Systems 社製)

 特  徴:・異なる素材(ABSライクとエラストマーライク)を混合して造形
      ・組付けしたまま造形
      ・サポート材がワックスのため破損が少ない
      ・広いエリアにより大小多数の造形パーツを一度に出力可能
 積層ピッチ:UHD モード16μm、XHD モード13μm
 造形範囲:518×381×295mm
 素  材:ABS ライク(ホワイト)、エラストマーライク(アンバー)

図2)AGILISTA-3100(KEYENCE 社製)UV 硬化型インクジェット造形方式

  •  
  • 図2 AGILISTA-3100(KEYENCE 社製)
  • 図2 AGILISTA-3100(KEYENCE 社製)

 特  徴:・靭性があるから割れにくい
      ・透明性のある樹脂
      ・水溶性のサポート材
 積層ピッチ:20μm
 造形範囲:297×210×200mm
 素  材:アクリル系透明樹脂

図3)MSDS-SA5/4KHi(Mits 社製)光造形方式

  •  
  • 図3 MSDS-SA5/4KHi(Mits 社製)
  • 図3 MSDS-SA5/4KHi(Mits 社製)

 特  徴:・人肌のような柔らかい造形ができる
      ・伸縮性がある
 積層ピッチ:25μm、50μm
 造形範囲:150×85×180mm
 素  材:ショアA2ゴムライク樹脂、ショアA5ゴムライク樹脂、ショアA13ゴムライク樹脂、ショアA50ゴムライク樹脂、ショアA25ゴム弾性樹脂、ショアA55ゴム弾性樹脂、耐熱性アクリル樹脂

支援事例

最終デザインの確認、工業用品、玩具などの幅広い分野の試作を支援しています。
3DCADデータ(STLデータ)をいただき、造形費用をお見積、造形致します。また、データの作成も行っていますのでご相談ください。
なお、装置や造形サンプルの見学も可能ですので、お問合せください。

ProJet MJP 5500X-E(図1)の装置は、ABSライク(ホワイト)とエラストマーライク(アンバー)の混合によって軟度を可変でき、またパーツごとに軟度の指定ができます(図4)。
  •  
  • 図4 ProJet MJP 5500X-Eで出力した造形物(ABSライク、エラストマーライク)
  • 図4 ProJet MJP 5500X-Eで出力した造形物(ABSライク、エラストマーライク)

図5の右上から反時計回りで、ABSライク、ショアD75、70、65、60、55、50、ショアA90、80、70、60、50、40、エラストマーライクの14種類から選択できます。
  •  
  • 図5 14段階の硬度モデル
  • 図5 14段階の硬度モデル

AGILISTA-3100(図2)の装置の造形素材は、透明性があるので内側の構造や動きを確認することができます(図6)。また、靭性があるので割れにくく、二次加工しやすい素材です。
  •  
  • 図6 AGILISTA-3100で出力した造形物
  • 図6 AGILISTA-3100で出力した造形物

MSDS-SA5/4KHi(図3)の装置で使用できる樹脂は、人肌の柔らかさ(ショアA2)から硬い素材(アクリル樹脂)まで造形できます(図7)。
ゴムライクは弾力や伸縮性があります。オーバーハングの形状や造形中の不安定な形状がなければサポート材付与の必要がなく、空洞の臓器などの造形も可能です。
  •  
  • 図7 MSDS-SA5/4KHiで出力した造形物(右:ショアA13ゴムライク樹脂、左:アクリル樹脂)
  • 図7 MSDS-SA5/4KHiで出力した造形物(右:ショアA13ゴムライク樹脂、左:アクリル樹脂)

ご利用を希望される方へ

同様の事例については、 試験計測(依頼試験) でご利用いただけます。

参考料金は以下の通りです。

料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料
E4998三次元造形(インクジェット式3Dプリンター)1時間当たり2,750
E4991三次元造形(小型インクジェット式3Dプリンター)1時間当たり660
E5000三次元造形(光造形式3Dプリンター)1時間当たり1,430
E4997三次元造形前処理1時間当たり2,970
E4999三次元造形後処理1時間当たり3,300
E4990機械設計・解析1時間当たり5,170

※別途材料費がかかります。
・E4998:図1 ProJet MJP 5500X-E(3D Systems 社製)
・E4991:図2 AGILISTA-3100(KEYENCE 社製)
・E5000:図3 MSDS-SA5/4KHi(Mits 社製)

  •  
  • 図8 料金(出力費用)
  • 図8 料金(出力費用)

詳細はお問い合わせください。

参考・関連リンク

今回の3Dプリンター(樹脂材料)による技術開発、製品開発、研究開発のための造形(試作)支援の事例については、以下の関連ページもご参照ください。 3Dプリンター造形支援について
  • この分析事例に関連するお問い合わせ
  • 担当:情報・生産技術部 デザイン・設計グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •