ABS樹脂表面の液状付着物の分析

ABS樹脂表面の液状付着物の分析

■試料
ABS樹脂製の部品にクラックが発生しました。
クラック部分に油状の付着物があり、 これがトラブル発生時に近くで使用していたベアリングのグリスであるかを確認しました。

  •  
  • 図1 試料像
  • 図1 試料像

■使用機器
フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)
顕微赤外ユニット

ABS樹脂表面の液状付着物の分析

付着物とベアリングに使用されているグリスの赤外吸収スペクトルはかなり似た結果が得られました。
付着物にはグリスの金属石けんに由来する吸収ピーク(1600cm-1付近)が無い事から、基油(ベースオイル)のみが移行したと推察されます。
  •  
  • 図2 付着物とグリスのスペクトル比較
  • 図2 付着物とグリスのスペクトル比較

ご利用を希望される方へ

同様の事例については、 試験計測(依頼試験) でご利用いただけます。

参考料金は以下の通りです。

料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料
K5050フーリエ変換赤外分光分析(FT-IR) 簡易な測定1試料1条件につき9,900
K5055フーリエ変換赤外分光分析(FT-IR)1試料1条件につき19,030

詳細はお問い合わせください。
  • この分析事例に関連するお問い合わせ
  • 担当:川崎技術支援部 
  • その他の技術相談はこちらから
  •