FE-SEMによる金属破断面観察

FE-SEMによる金属の破断面観察

<使用機器> 電界放出型走査電子顕微鏡 日立ハイテクノロジーズ S-4800
  •  
  • 写真1 延性破面
  • 写真1 延性破面

金属が破断した際の正常な破面で、結晶組織が引きちぎられて破断する「粒内破壊」の破断面です。
多くの窪みが確認できることから「ディンプル模様」とも呼ばれています。
  •  
  • 写真2 粒界破面
  • 写真2 粒界破面

金属組織の結晶粒界に沿って破壊が進行した場合に見られる破面です。
例えば、応力腐食割れの場合はこのような破断面を示します。
  •  
  • 写真3 疲労破面
  • 写真3 疲労破面

破壊が進んだり止まったりを繰り返していく際に見られる破面で、ストライエーションとも呼ばれます。
木の年輪のように見える筋目が破壊の進行を示したものですが、通常の構造部材は破面が小刻みに擦れてしまうためこのような綺麗な模様が残ることは希です。

ご利用を希望される方へ

同様の事例については、 試験計測(依頼試験) でご利用いただけます。

参考料金は以下の通りです。

料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料
K1010電界放出型走査電子顕微鏡(FE-SEM) 5万倍以下観察倍率5万倍以下 1条件につき19,800
K1015電界放出型走査電子顕微鏡(FE-SEM)   5万倍以下 条件追加観察倍率5万倍以下 1条件追加につき4,400

詳細はお問い合わせください。
  • この分析事例に関連するお問い合わせ
  • 担当:川崎技術支援部 
  • その他の技術相談はこちらから
  •