空気清浄機によるたばこ煙成分の脱臭試験(JEM1467準拠)

空気清浄機によるたばこ煙成分の脱臭試験(JEM1467準拠)

(社)日本電機工業会規格「家庭用空気清浄機」(JEM1467)に基づく脱臭能力試験法

  •  
  • 図1
  • 図1

試験結果

1㎥反応器の中で 煙草5本を燃焼させ、空気清浄機を作動させて、3種類の臭気成分(アセトアルデヒド、アンモニア、酢酸)の濃度変化を測定。例としてA、B、C社製空気清浄機をそれぞれ試験し比較。材料ではなく製品(試作機)の状態で試験。分解対象も実用的。
  •  
  • 図2 臭気成分の濃度変化(アセトアルデヒド)
  • 図2 臭気成分の濃度変化(アセトアルデヒド)
,
  •  
  • 図3 臭気成分の濃度変化(アンモニア)
  • 図3 臭気成分の濃度変化(アンモニア)
,
  •  
  • 図4 臭気成分の濃度変化(酢酸)
  • 図4 臭気成分の濃度変化(酢酸)

<参考論文>
Slimen, H.; Ochiai, T.; Nakata, K.; Murakami, T.; Houas, A.; Morito, Y.; Fujishima, A., Industrial & Engineering Chemistry Research 2012, 51, 587-590

ご利用を希望される方へ

同様の事例については、 試験計測(依頼試験) でご利用いただけます。

参考料金は以下の通りです。

料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料
K3120その他光触媒性能試験1時間につき6,600

今回のようなたばこ煙成分の脱臭試験を実施した場合は料金表の K3120 が工数に応じて積算されます。測定条件および測定点数により費用が変わりますので詳細は担当職員にご相談ください。

詳細はお問い合わせください。
  • この分析事例に関連するお問い合わせ
  • 担当:川崎技術支援部 
  • その他の技術相談はこちらから
  •