特定悪臭物質22種をはじめ各種臭気成分の分解試験やGC/MS等による分解生成物の確認

特定悪臭物質22種をはじめ各種臭気成分の分解試験やGC/MS等による分解生成物の確認

臭気物質濃度の減少と、分解生成物のCO₂濃度の上昇から、性能を評価
臭気物質:所定濃度,
水蒸気濃度:1.56 %(湿度50%),
流量:1.0 L/min,
温度:25.0±2.5 ℃

  •  
  • 図1 光触媒フィルターによる臭気成分分解評価装置
  • 図1 光触媒フィルターによる臭気成分分解評価装置

特定悪臭物質22種をはじめ各種臭気成分の分解試験やGC/MS等による分解生成物の確認

化合物によって、除去率が大きく違うことがわかる。この理由として、光触媒表面への化合物の吸着特性の違いがあげられる。つまり、比較的吸着しやすいメチルエチルケトン(図2)(図4)などは除去率が高いが、吸着しにくいノルマルヘキサン(図3)の除去率は低いと考えられる。
  •  
  • 図2 メチルエチルケトンの光触媒フィルターによる分解挙動のGC/MSによる評価結果
  • 図2 メチルエチルケトンの光触媒フィルターによる分解挙動のGC/MSによる評価結果
,
  •  
  • 図3 ノルマルヘキサンの光触媒フィルターによる分解挙動のGC/MSによる評価結果
  • 図3 ノルマルヘキサンの光触媒フィルターによる分解挙動のGC/MSによる評価結果
,
  •  
  • 図4 混合キシレンの光触媒フィルターによる分解挙動のGC/MSによる評価結果
  • 図4 混合キシレンの光触媒フィルターによる分解挙動のGC/MSによる評価結果

また、イソプロピルアルコールのように、除去率が高くても、最終分解生成物であるCO₂まで分解が進まない化合物もあった(図5)。
  •  
  • 図5 イソプロピルアルコールの光触媒フィルターによる分解挙動のGC/MSによる評価結果(アセトン生成の評価結果も含む)
  • 図5 イソプロピルアルコールの光触媒フィルターによる分解挙動のGC/MSによる評価結果(アセトン生成の評価結果も含む)

これも、分解生成物の光触媒表面への吸着特性の影響が考えられた。実際の空気清浄機等の設計方針を立てるうえで、どんな臭気成分をターゲットとし、どのレベルまで分解するか、目標設定が重要であることを示唆している。

ご利用を希望される方へ

同様の事例については、 試験計測(依頼試験) でご利用いただけます。

参考料金は以下の通りです。

料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料
K3120その他光触媒性能試験1時間につき6,600

今回のような各種臭気成分の分解試験やGC/MS等による分解生成物の確認を実施した場合は料金表の K3120 が工数に応じて積算されます。測定条件および測定点数により費用が変わりますので詳細は担当職員にご相談ください。

詳細はお問い合わせください。
  • この分析事例に関連するお問い合わせ
  • 担当:川崎技術支援部 
  • その他の技術相談はこちらから
  •