LED殺菌灯として販売されている光源のスペクトル測定例

コロナウィルス感染症の影響により、いろいろなところで殺菌灯が販売されています。
その中にLEDを使用した殺菌灯が3000円くらいで販売されていたので、購入してスペクトルを測定してみました。

  •  
  • 図1 LED殺菌灯(と記載されている商品)を点灯させた状態
  • 図1 LED殺菌灯(と記載されている商品)を点灯させた状態

たくさんのLEDがついていて、とても眩しく光っています。
でも、紫外線は見えないはずですよね?

測定結果

分光放射照度計は相馬光学製 S-2431 Model-IIを使用しました。
  •  
  • 図2 LED殺菌灯(と記載されている商品)のスペクトル測定結果
  • 図2 LED殺菌灯(と記載されている商品)のスペクトル測定結果

400nm付近にピークがあります。

  •  
  • 図3 測定結果のX軸を拡大
  • 図3 測定結果のX軸を拡大

X軸を拡大してみると401.5nmにピークがあり、殆どの光が可視域であることが判りました。

紫外線に殺菌効果があることはよく知られていますが、波長260nm付近が最も強力です※。
400nm以下の波長を持つ光を紫外線と呼び、このランプは370nmから445nmの光を放射していますから紫外線が含まれてはいますが、殺菌効果はあまり高くはないと思われます。
※参考URL https://e-dnl.jp/media/ultraviolet2/

ご利用を希望される方へ

同様の事例については、 試験計測(依頼試験) でご利用いただけます。

参考料金は以下の通りです。

料金表 (試験計測料金)

項目番号項目単位手数料
K3470分光放射照度計によるスペクトル測定1測定につき9,680
K3630低照度光源による光照射1時間につき3,850
K3660その他太陽電池性能試験に関わる作業1時間につき6,600

詳細はお問い合わせください。
  • この分析事例に関連するお問い合わせ
  • 担当:川崎技術支援部 
  • その他の技術相談はこちらから
  •