食品機能性評価・分析サービスのご案内 ③サービスについて質問したい

食品機能性評価・分析サービス・質問

 

● よくあるご質問 ●

Q. 相談は無料ですか?

A. 初回の相談は無料です。お問い合わせはページ下段のお問い合わせからお願いいたします。


Q. 費用はどれくらいかかるのですか?

A. 食品機能性評価は検体、評価方法によって変わりますので、別途お問い合わせください。

食品分析についてはこちらのページ下部の料金一覧表をご参照ください。


Q. 食品機能性評価の試験対象は何をつかいますか?

A. 食品機能性評価はマウスが主となります。ヒト試験に関しては別途お問い合わせください。

すでに取得されたサンプル(培養細胞、動物、ヒト由来など)を用いたトランスクリプトーム解析についても別途お問い合わせください。


Q. 機能性表示食品の申請・サポートは行っていただけるのでしょうか?

A. 申し訳ございません。KISTECでは論文作成までとなります。


Q. 守秘義務は守られますか?

A. 職員には、地方独立行政法人法第56条第2項において準用する同法第50条第1項が適用され、守秘義務が課されています。安心してご活用ください。


Q. 機能性表示食品・トクホ(特定保健用食品)とは何ですか?

A. 機能性表示食品とは、事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品のことで、販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。

ただし、トクホ(特定保健用食品)とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

トクホ(特定保健用食品)とは、健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「コレステロールの 吸収を抑える」などの表示が許可されている食品です。

表示されている効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。

参考(消費者庁HP):消費者の皆様へ「機能性表示食品」って何?[PDF:525KB]


Q. 本サービスの強みは何ですか?

A. 食品摂取による体内のわずかな変化をトランスクリプトーム解析を用いて検出し、あたらしい機能性の手がかりを得ることを得意としております。トランスクリプトーム解析は身体の中の変化を広く見ることができます。

食品は医薬品ではないため、身体の中の変化はわずかです。しかし、何を食べていくのかによって将来の身体には確実に影響を及ぼしています。そのわずかな変化をトランスクリプトーム解析によって解明することで新たな食品の機能性を提案いたします。

 

上記に該当しないご質問については、お手数ですが個別にお問合せください。

 KISTEC 食品評価相談窓口 

  TEL:044-819-2031 

  FAX:044-819-2026

  E-mail:sks★@newkast.or.jp ★を@にご変更ください